あれも欲しいこれも欲しいもっと欲しいもっともっと欲しい人のブログ

ミニ間リスト(部屋が狭すぎて物を増やせない人)が日々物欲と戦って負けるお話。

【話題の】加湿器ドルチェとTEKNOSの使用比較レビュー【加湿器】

話題の加湿器をやっと手に入れたので比較してみたいと思います。こちらの加湿器、Twitterでバズってからなかなか買えなかったんです。

 

 

このように東横インの部屋を雲海化してしまうくらい、加湿力がやばいらしい。

メーカーはDolce(ドルチェ)。タワー型超音波加湿器2.5Lタイプです。

 

これがバズった当初はどのサイトでも売り切れで買えず、すっかり忘れてたんですけど、久しぶりに楽天を見たら売っていたので、一回り小さい1.2リットルタイプ、ドルチェピコSRH12を購入してみました。

東横インの2.5リットルタイプはちょっと大きそうなので。

あとこちらの1.2ℓタイプは東横インタイプとは異なり、アロマ対応です。使ってないけど。


1ヶ月程使用してみたのでレビューしてみたいと思います。

 

せっかくなので比較対象として、今まで使っていたテクノスの加湿器EL-C01と比べていきます。

 

f:id:vff8:20210224011204j:image

左がテクノスEL-C015(容量1L 加湿量180ml/h

右がドルチェピコ(容量1.2L 加湿量200ml/h

どちらも適応範囲は鉄筋6畳、木造3畳程度。

 

ちなみに上でバズッた東横インタイプは(容量2.5L 加湿量400ml/hです。一回り以上大きめの模様。

 

f:id:vff8:20210224011232j:image

大きさはどちらも水を入れても片手で持てる程度。小さくて軽くて良いです。

 

 1ヶ月使ってみて気付いたドルチェピコの難点としては、

 

・6時間で水が切れるので、頻繁に水入れが必要

・水の注ぎ口が小さくて掴みにくい。

f:id:vff8:20210226121319j:image

↑上の赤丸の部分が水タンクのキャップ。

このようにドルチェのキャップはテクノスに比べて小さく、ちょっと開けにくい。しかし比較対象として開けにくいというだけで、めっちゃ開けにくいと言うわけではない。ただ給水回数が多いだけに、ちょっとストレス。

 

 ・水タンクが不透明のため、水を入れる時に満タンになっているか分かりづらくて水を入れる時にちょっと神経を使う

 

くらいでしょうか。

 

結果としては加湿力に関しては確かにドルチェのほうが高いです。体感的に200ml/hよりも早い時間で水がなくなる気がします。これで一回り大きい400ml/hなら、東横インが雲海化するのもわかる。

 

しかし、その他のユーザビリティーに関してはテクノスの方が上かな~という印象。見た目もいいし、タンクの色が透明というのがすごく楽。

今までタンクの色が不透明の加湿器しか使ってこなかったのですが、タンクが透明だと水入れの際にあふれることもないし、汚れも見つけやすい。

また、キャップが大きくて片手でも開けやすい。ドルチェはとにかくすぐに水がなくなるので、頻繁に水を入れなければならず、ちょっとめんどう。

 

また、今回試したドルチェピコは6時間毎に給水しないといけないため、就寝時にはあまり向かないかと思いました。まめに給水できるオフィス向きですね。

就寝時も使いたいなら、一番上で紹介したもっと大きい東横インタイプの方がいいかと思います。8時間加湿できるらしいので。

実際我が家は就寝時にエアコン&オイルヒーターをつけて、6畳×2間でこちらの2台を稼働させていますが、朝には水が切れて空気がカピカピです。次のシーズンには大きめのドルチェ1台にしたいと思っています。

 

また、騒音に関してはどちらも変わらず。煮沸タイプに比べればはるかに静かですが、水が落ちるコポ…という音がたまにします。

日中はほぼ気にならないんですが、就寝中は神経質な方はちょっと気になるかも。

 

 

 

以上のDolceとテクノスの加湿器比較レビューでした。

ご参考になれば嬉しいです。

 

 

おしまい